大学院の特色

本学大学院は、自身の研究をより深めたい学生や社会人など多くの人々に門戸を開き、意欲的な学びの場を提供しています。多彩な研究発表や学生同士の交流の機会、柔軟な受講制度により、豊かな人間教育と高度な専門性を備えた人材を養成しています。

[特色1] 社会人も履修しやすい自由度の高い受講制度

本学大学院の修業年限は原則2カ年ですが、各自の研究テーマと履修計画に基づき、2~4年の範囲で修業年限を設定することが可能です※。また、1限から7限までの時間内で受講しやすいカリキュラムが組まれ、週2、3回程度の受講で修了することが可能となるため、現業に従事しながら無理なく修学することができます。

※社会福祉学専攻および臨床心理学専攻入学の社会人のみ

研究科についてはこちら

[特色2] 多彩な発表と交流の機会で学びの幅を広げ探究する

本学大学院生は、大学院が年1回発行する学術雑誌『大正大学大学院研究論集』への論文の投稿や、「学内学術研究発表会」での発表の内容を掲載することができます。みずからの研究成果を広く世に発表する貴重な機会です。また、学生交流協定を結ぶ他の大学院の授業科目を履修できる制度もあり、学びの幅を広げながら探究することができます。

[特色3] 奨学金や助成金など充実の制度で研究をサポート

本学大学院には、学業成績が優秀で研究意欲があり、将来的にも期待がもてると評価された学生を対象とした奨学制度があります。これにより、アルバイトなどに時間を費やすことなく研究に集中することが可能です。また、博士後期課程に在学する学生を対象に、学位請求論文の提出を推奨し、若手研究者の育成を促す研究助成制度もあります。

学費についてはこちら

奨学金についてはこちら

[特色4] 充実した学習施設で豊かな研究環境を提供

学内の充実した学習施設により、豊かな学びや研究環境を提供します。膨大な図書の閲覧や貸出、データベースでの論文・新聞記事の検索が可能な図書館をはじめ、各専攻に隣接する閲覧室では専門性の高い貴重な資料を閲覧することができます。

また、自学自習をする学生の多様な目的に応じてさまざまな書籍資料や情報環境を備えたラーニングコモンズも充実。研究発表やプレゼンテーションが行える可動式のホワイトボードや学習に集中できる一人掛け机も設置し、多くの学生に愛用されています。

キャンパスマップはこちら