この研究科がめざすこと

多面的・学際的な視点を持ち、社会貢献出来る人材へ

心理学的視点を考慮しつつ社会学的に考察すること、社会学的視点を考慮しつつ心理学的に考察すること、社会学的および心理学的視点を考慮しつつ(生涯)教育学的に考察すること。このように多面的・学際的な視点から人間の行動、心理、組織、社会を深く理解し、社会貢献に活かすことのできる人材育成をめざしています。

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

人間科学専攻は、大学が掲げている教育ビジョン「4つの人となる」を、生涯を通じて体得していこうとする大学院生を育成するために、人間科学専攻における教育課程を修了し、以下の資質・能力を備えた大学院生に学位を授与します。

知識技能
  • 現象をとらえていく上で必要とされる高度な専門知識、研究方法、学際的視野を身につけている。
  • 現象を科学的に分析するために必要とされる高度な調査実践能力、処理能力を身につけている。
思考判断表現
  • 現代社会で表面化している問題あるいは潜在する課題を人間科学の視点から考察した上で、どのようにすれば社会に適切に還元できるか適切に判断し、その成果を社会に公表することができる。
関心意欲態度
  • 科学的な手法にしたがって得られた知見から、専門家として問題解決に関わり、社会の発展に貢献しようとする意欲をもっている。

カリキュラム・ポリシー(CP)

人間科学専攻は、ディプロマポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている大学院生を育成するために、以下のカリキュラムを編成します。

教育内容
  • 社会学、心理学及び生涯教育分野において高度な専門知識を修得し、調査力・分析力・考察力及び主体的に研究を進める姿勢を涵養するために「人間科学特論」などの基礎科目、分野別科目として「社会学・心理学生涯教育系特論・演習」、「質的調査」などの資格科目に分けて系統的な科目配置を行います。
  • 専門科目に加えて、幅広い視野と知識を身につけることを目的として共通科目を編成します。
  • 個人的指導体制の確立を目指して研究指導計画に基づいた特殊研究を配置し、研究を推進します。
  • 学部において社会調査士を取得済みであれば、資格科目を履修することにより、専門社会調査士の資格を取得することが可能です。
  • 自らの研究における研究倫理を遵守できるよう、基礎科目、分野別科目、特殊研究を中心に科目を配置し、研究倫理教育を行います。
教育方法
  • アクティブラーニング:他者との協働によって問題解決に取り組んだり、発表したりする機会を設けています。
  • 少人数教育:専門的な知識や技能を身につけるために少人数の学習をおこなっています。また、専門演習や社会調査実習、修士論文については、その学習成果を報告書や概要集としてまとめたり、発表したりして表現しています。
  • ピアインストラクション:演習科目や講義科目において、大学院生同士が互いの理解を深め合い、他者を尊重する姿勢を育むために、大学院生同士で学び合うピアインストラクションを活用した教育を提供しています。
  • 修士論文研究経過報告会を実施することによって、人間科学的なアプローチによる複眼的な視点を持った研究が行えるように支援します。
評価
  • 修士課程での総括的な学習成果については、修士論文に対する口述試験を通して担当教員により評価することによって、DPで示された資質・能力の達成状況を評価します。
  • 修了時には、カリキュラム改善の指標とするため、大学院生生活全般に対する調査を実施し、カリキュラムを漸次的に見直します。
  • 修士課程の教育については、本専攻の学びの特徴に応じたカリキュラムアセスメントを実施し、随時改善します。

アドミッション・ポリシー(AP)

人間科学専攻は、ディプロマポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている大学院生を育成するために、以下の資質・能力を備えた大学院生を求めます。

知識技能
  • 社会学、心理学及び生涯教育の学術的な基礎知識を有している。
  • 社会学、心理学及び生涯教育の研究法の基礎を有している。
思考判断表現
  • 現代社会で表面化している問題あるいは潜在する問題を、社会学、心理学、生涯教育またはこれらを横断する人間科学の視点から考察することができる。
  • 人と密接に関わる実践的な職場経験などをふまえて、さらに人間・社会について専門的に考察することができる。
関心意欲態度
  • 実証的研究をするために必要な基礎的な知識と論理的思考を備えており、さらに専門性の高い研究を遂行する意欲をもっている。
  • 研究から得られた知見を研究対象や社会に還元し、貢献することに関心を抱いている。

カリキュラム

担当教員

専任教員 専門分野
教授 井出裕久 産業社会学、社会調査論
教授 今村成夫 図書館情報学および出版学
教授 内田英二 運動生理学、健康科学、分子遺伝学
教授 大野道夫 社会運動論、青年文化、文化の社会学
教授 澤口恵一 家族、ライフコース
教授 長谷川智子 発達心理学、食行動の心理学
教授 張江洋直 社会学理論、社会学方法論、社会学説史
准教授 荒生弘史 生理心理学・実験心理学
准教授 荒川康 環境社会学、地域社会学
准教授 谷田林士 社会心理学