Information

ただいま投稿はありません

一覧を表示する

この研究科がめざすこと

本専攻は、修士課程である社会福祉学専攻、臨床心理学専攻、人間科学専攻を統合する博士後期課程です。社会福祉学と臨床心理学の分野は、仏教思想を基盤としてヒューマン・サービスの理論と技術論を体系的・実践的に学び、今日的課題に柔軟に対応できる高度な専門性を有した人材を養成します。人間科学の分野では、より広い視野で人間の科学的理解にアプローチできる人材を養成します。

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

福祉・臨床心理学専攻は、大学が掲げている教育ビジョン「4つの人となる」を、生涯を通じて体得していこうとする大学院生を育成するために、修士課程である社会福祉学専攻、臨床心理学専攻、人間科学専攻を統合する博士後期課程における教育課程を修了し、以下の資質・能力を備えた大学院生に学位を授与します。

知識技能
  • 社会福祉学・臨床心理学・人間科学への広い知識と深い理解を有している。
  • 国内外における関連領域の先行研究を踏まえて、適切な研究方法により正確な論理展開ができる。
  • 社会福祉学と臨床心理学の分野は、仏教思想を基盤としてヒューマン・サービスの理論と技術論を体系的・実践的に身につけ、今日的課題に柔軟に対応できる高度な専門性を有している。
  • 人間科学の分野では、より広い視野で人間の科学的理解にアプローチできる。
思考判断表現
  • 客観性を重視する科学的視点と共感性を軸とする実践的・臨床的視点に基づいて、多面的かつ重層的な思考、判断ができる。
  • 専門領域における先行的な実践、研究を系統的に理解するとともに、自らの研究主題に照らして独自の視点から評価、判断し、実践や研究に応用できる。
  • 研究及び実践上の倫理に、適切な配慮ができるとともに、研究上の成果を博士学位論文として公表できる。
関心意欲態度
  • 各分野での高度に専門的な知識を活かして、社会の相応の場で指導的役割を果たそうとする態度を身につけている。
  • 自らの研究を、各研究分野の進展に寄与しうることを目指して日々向上させようとする意欲を有している。

カリキュラム・ポリシー(CP)

福祉・臨床心理学専攻は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている大学院生を育成するために、「特殊研究」と「選択必修科目(平成30年度開講)」を設置し、研究倫理教育やコースワークを視野に入れたカリキュラム編成を行っています。また、評価については、研究成果としての博士学位論文を総括的に評価するだけではなく、単位履修や研究指導過程における成果を測定することにも取り組んでいます。

教育内容
  • 社会福祉学・臨床心理学・人間科学専門分野における専門的知識、当該研究領域における調査研究及び発表の発展的な技能を習得するために、研究指導に関する科目として、「選択必修科目(平成30年度開講)」を配置します。
  • 自ら設定した研究テーマに基づき、広い視野と多面的かつ重層的な思考によって関連の学術領域の成果の中に独創的成果として位置づけられる、実証的・論理的な論文の作成が可能となるために研究指導の科目として「特殊研究」を配置します。
  • 調査研究を遂行するために「研究倫理教育」を含む研究方法等の科目を配置します。
教育方法
  • 「選択必須科目(平成30年度開講)」において、大学院生による調査発表、ピアレビュー、討議を中心に行います。
  • 「特殊研究」では、指導教員による個別指導に加え、年複数回の研究発表会で研究経過及び成果を発表する機会を設けます。
  • 研究倫理遵守に関する知識や方法を習得し、姿勢を涵養するために、研究倫理教育プログラムを編成します。
評価
  • 研究内容の質を担保するために、学術研究発表会等発表の機会を設けます。
  • 博士学位論文の審査基準を設けて評価します。
  • FDを定期的に開催することで、カリキュラムアセスメントを実施し、教育課程を随時見直します。

アドミッション・ポリシー(AP)

福祉・臨床心理学専攻は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている大学院生を育成するために、以下の資質・能力を備えた大学院生を求めます。

知識技能
  • 前期(修士)課程までの自らの研究を深化させ、学位(博士)論文としてまとめる計画を持っている。
  • 専門文献の講読と検索に必要な英語力を有している。
思考判断表現
  • 客観性を重視する科学的視点と共感性を軸とする実践的・臨床的視点に基づいて、思考、判断ができる。
関心意欲態度
  • 社会の相応の場で指導的役割を果たすために、自ら積極的にそれを展開しようとする意欲を持っている。
  • 研究と実践において、鋭敏な倫理的配慮をしようとする姿勢を常に持っている。
  • 多職種の専門職を尊重し、進んで連携・協働しようとする意欲を持っている。