研究科長からのメッセージ

仏教学研究科長 種村隆元

仏教学研究科では、南アジアからチベット・ヒマラヤ地域、東南アジア、東アジアにいたる地域で発展した仏教の思想や文化を、サンスクリット語やパーリ語などで著された仏典の原典から各宗派の宗祖等の著作にいたるまでの幅広い分野の文献、美術資料、考古学的資料等にもとづいて学ぶことができます。

また近現代社会における仏教の役割など、仏教に関わる広範な問題も学ぶことができます。当研究科では、各自が設定した課題に対して、さまざまな資料の客観的な分析にもとづき解答を導く力を養い、時代的・地域的に異なった人々のさまざまなものの考え方・感じ方を理解し、また研究を通じて蓄積した知を広く社会に還元できる人物を育成することを目指します。

人間学研究科長 坂本智代枝

新たな福祉・心理・社会・教育の研究領域を開拓し、多面的視野に立った高度の分析力・理解力を備えた研究者及び高度職業人・実践的国際人を養成します。

博士前期課程の社会福祉学専攻では社会福祉分野に関する高度な専門的知識の修得と研究方法、認定社会福祉士認証科目を配置し、高度なソーシャルワーク専門職養成と研究の専門性の向上、臨床心理学専攻では臨床心理士資格認定協会指定科目及び国家資格となる「公認心理師」を考慮した養成カリキュラムを配置して、心理臨床家養成と臨床心理学研究の高度な専門性の向上、人間科学専攻では心理学・社会学・生涯教育の分野において高度な専門知識の修得、調査力、分析力・考察力及び、主体的に研究を進めるために系統的かつ社会の発展に貢献することができる専門性の向上を目指しています。

博士後期課程の福祉・臨床心理学専攻では研究テーマに沿って高度な専門的知識、研究倫理教育を踏まえ、きめ細やかな一貫した研究指導体制を整備して、研究・教育・実践等の場で指導的役割を果たすことができる人材を養成します。

文学研究科長 村上興匡

本研究科は、宗教学、国文学、史学、比較文化学(表現文化)の4専攻分野からなります。

  1. ①宗教学専攻では宗教学、西洋哲学、東洋哲学の研究を通じて、今日の社会が抱える諸問題に提言できる人材を、
  2. ②史学専攻では、文献資料や文化財資料を的確に取り扱う技術と知識を体系的に身につけて文化財保護や教育で力を発揮できる人材を、
  3. ③国文学専攻では日本文学と日本語学の高度で専門的な知識と幅広い視野を身につけ、日本文化・社会に寄与できる人材を、
  4. ④比較文化専攻では、映画・絵画・言語など多様な文化ジャンルについて実証的な分析力と多角的視点を備えた実践的国際人を育成します。

共通の教育目標は、座学にとどまらず、現地に赴いての文献資料調査や聞き取り調査などを通じて、多角的な視点と深い理解、精緻な論理性をもって、人類の文化遺産を理解し情報発信できる人材の養成にあります。