キャンパスライフ

CAMPUS LIFE

海外文化・語学研修

大正大学では、長期休業期間中に海外文化・語学研修を実施しています。
語学力の向上はもちろん、それぞれの国の文化を理解し、視野を広げることを目的としています。
2021年度の実施については社会情勢を踏まえて検討中です。改めてT-Poでご案内します。

  • 以下は、2020年度実施実績です。
ハワイ大学文化・語学研修(言語:英語)
2021年3月9日(火)~3月27日(土)
プログラム時間 30時間程度(1時間50分/1日)※別途事前・事後学習実施予定
最少催行人数 1名
目的
  1. 英語コミュニケーション能力の向上
  2. アメリカ・ハワイの文化、生活を知る
  3. 現地学生との交流を通じて、異文化理解を深める
実施方法 ハイブリッド(オンライン・通学)
対象 全学部・全研究科の学生および院生
参加費用 約65,000円
プログラムの特徴 ハワイ大学マノア校が主催するオンラインプログラム。本プログラムでは、ライブで配信される双方向型の授業を通して英語能力を向上できるだけでなく、アメリカやハワイの異文化に対する理解を深めることができます。また、現地学生と交流する時間が毎日設けられており、文化や学生生活の様子、趣味等について話し、お互いの理解を深めるとともに、自然と英語コミュニケーション能力の向上につなげます。
単位認定 学修時間および学修量によって、研修終了後に単位(1~2単位)認定予定 ※大学院生を除く
事前・事後学習 研修前:4回程度の事前学習を実施予定
研修後:学修成果の報告会を開催予定
ミュンヘン大学文化・語学研修(言語:ドイツ語)
2021年2月22日(月)~3月12日(金)
プログラム時間 45時間程度(3時間/1日)※別途事前・事後学習実施予定
最少催行人数 8名
目的
  1. ドイツ語コミュニケーション能力の向上
  2. 日本、ドイツの比較を通じて社会・文化の違いを理解する
  3. 現地学生との相互理解を深める
実施方法 ハイブリッド(オンライン・通学)
対象 全学部・全研究科の学生および院生
参加費用 約50,000円
プログラムの特徴 ミュンヘン大学、大正大学が共同主催するオンラインプログラム。本プログラムでは、ライブで配信される双方向型の授業を通してドイツ語コミュニケーション能力を向上するほか、ドイツ語での生活や文化に対する理解を深めます。また、ミュンヘン大学日本センターとのコラボレーションにより、日本センター学生と交流する時間が複数設けられているほか、ミュンヘン大学教員、大正大学教員双方の講義を行う予定で、日独の比較を通して、日本・ドイツ双方に対する理解を深めます。
単位認定 学修時間および学修量によって、研修終了後に単位(1~2単位)認定予定 ※大学院生を除く
事前・事後学習 研修前:4回程度の事前学習を実施予定
研修後:学修成果の報告会を開催予定
東西大学校文化・語学研修(言語:韓国語)
2021年2月15日(月)~2月26日(金)
プログラム時間 50時間程度(5時間/1日)※別途事前・事後学習実施予定
最少催行人数 10名
目的
  1. 韓国語コミュニケーション能力を身に付ける
  2. 韓国の文化について知る
  3. 現地学生との交流を通じて、異文化理解を深める
実施方法 ハイブリッド(オンライン・通学)
対象 全学部・全研究科の学生および院生
参加費用 約50,000円
プログラムの特徴 東西大学校が主催するオンラインプログラム。本プログラムでは、ライブで配信される双方向型の授業を通して基礎韓国語の理解および習得を狙います。
また、韓国の伝統装身具を作る韓国伝統文化体験や東西大学校日本語学科の学生との交流を通じて、韓国語の実践的なコミュニケーション能力を身に付けるとともに、韓国文化に対する理解を深めます。
単位認定 学修時間および学修量によって、研修終了後に単位(1~2単位)認定予定 ※大学院生を除く
事前・事後学習 研修前:4回程度の事前学習を実施予定
研修後:学修成果の報告会を開催予定

【オンライン海外文化・語学研修について】よくある質問

オンライン海外文化・語学研修の参加費用に教材費は含まれますか?
教材費込みの金額になります。
※ミュンヘン大学のみ、参加費用に加え、別途教材費(2,500円程度)が掛かります。
オンライン海外文化・語学研修の参加人数の制限はありますか?
参加人数の上限はありません。
※参加者が最少催行人数に達しない場合、研修が開催されない場合があります。
大正大学教職員のフォローアップとは何ですか?
研修(授業)の前後に大正大学の教職員と話す機会を設け、オンライン研修での疑問や不安についてフォローを行います(週2回程度を予定)。
今回のオンライン海外文化・語学研修に参加をした場合、来年度の研修には参加できないですか?
来年度の海外文化・語学研修の開催については未定となっています。社会情勢により、現地での実施、またはオンラインでの実施か、判断予定です。
奨励金の支給について、事前面接などへの参加は必須なのですか?
奨励金を支給する条件として、事前面談への参加、成果報告書の提出、事後アンケートの回答が必須となります。※原則、研修実施後の支給となります。
複数のオンライン海外文化・語学研修に参加しても良いですか?
研修の日時が被らなければ参加は可能です。
ただし、ご自身の無理のない範囲で申込みを行ってください。
資格取得をしていないのですが、オンライン海外文化・語学研修への参加は可能ですか?
可能です。幅広い語学レベルの学生に対応できるプログラムとなっています。
ただし、事前に語学の勉強をするなど、事前準備はしっかりと行うようにしましょう。
オンライン海外文化・語学研修を申込む際、大学へ来校する必要はありますか?
来校せずに申込むことができます。詳細はT-Poをご確認ください。