学部・大学院

DEPARTMENT

地域創生学部 地域創生学科

地域創生学部地域創生学科

カリキュラム・授業内容

カリキュラムの特徴

1年間を4学期に区分する「クォーター制」を採用。1年次から3年次までは、第3クォーターに実施される地域実習を軸に授業が組まれます。地域実習は1年次が「地方」、2年次が「都市」、3年次が「地方」と交互に体験する構成になっており、実習準備は各学年の「フィールドワーク方法論」のアクティブラーニングで行います。

カリキュラム

カリキュラム

ピックアップ授業

地域実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

「地域実習Ⅰ」では、全国各地の実習地に約1ヶ月滞在。その地の地域資源の価値を理解し、他地域との比較ができるようにします。「地域実習Ⅱ」では、1年次に修得した地域資源を見る目に、地方と東京を結ぶ軸を加え、自ら立案したプロジェクトをチーム単位で実施して有効性を検証します。「地域実習Ⅲ」では、個人ごとにテーマを選定して実習地に帰ります。そして自ら計画した調査や実験を行い、地域資源を有効に生かすための知見をまとめます。

担当教員

(2020年4月現在)

地域創生学部では、経済・経営学分野を中心に、地域に関連する多様な分野を専門とする教員が、皆さんとともに地域創生に関わっていきます。