大学紹介

ABOUT TAISHO

女性活躍推進法に基づく情報の公表

女性活躍推進法に基づく大正大学の行動計画を策定しました

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(以下、「女性活躍推進法」という。)では、女性の活躍推進の取組を着実に前進させるべく、国、地方公共団体、一般事業主それぞれの責務を定め、雇用している、又は雇用しようとする女性労働者に対する活躍の推進に関する取組を実施するよう努めることとされています。

具体的には以下のとおりです。

常時雇用する労働者の数が301人以上の事業主に対しては、

  1. 1.自社の女性の活躍に関する状況把握、課題分析
  2. 2.状況把握、課題分析を踏まえた行動計画の策定、社内周知、公表
  3. 3.行動計画を策定した旨の都道府県労働局への届出
  4. 4.女性の活躍に関する状況の情報の公表

が義務づけられています。

本学では、下記のとおり行動計画を策定します。

「女性活躍推進法」に基づく大正大学の行動計画

本学では、多くの部署で能力発揮・キャリア形成できるよう、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

課題

事務職員における女性の管理職を増やす

目標

管理職に占める女性の割合を40%以上にする

取組内容

人事考課制度の見直しを図る●仕事の効率や成果に応じた公正な評価・処遇体系を整備する

  • 平成27年6月~ 新しい人事考課制度の試行的導入開始
  • 平成28年4月~ 本格導入

管理職を目指そうと考える女性職員を育成する●能力開発やキャリア形成支援研修の実施

  • ◆管理職のロールモデル、メンター紹介・交流、多様なキャリアパス事例の紹介
  • ◆管理職養成のための研修の実施

男性職員の育児・介護参画の促進●育児及び介護のための休暇取得の奨励

採用した労働者に占める女性労働者の割合